H.O.W Articles

《イベント告知》8/1(土)奥多摩木工ピクニック

古里写真

8/1(土)木工房ようび ×  Happy Outdoor Wedding × VIVA COFFEEで、カッティングボードをD.I.Yするイベントを奥多摩で開催します!

奥多摩の魅力を味わいながら、
オリジナルのカッティングボードを一緒に作りませんか?

西粟倉で、想いを受け継いで家具を作る

11709556_786053944844205_4687117125185109436_n

作り方を教えてくれるのは、檜の家具や暮らしの道具を作っている〈木工房ようび〉さん。

ようびさんが暮らしの根を下ろしている岡山県の西粟倉は、鳥取県と兵庫県と岡山県のちょうど県境に位置し、面積のおよそ95%を森林、そのうち84%が人工林が占めています。

過疎化で町村合併が進むなか、合併を拒み続けたこの村は、やがて村存続の危機から脱するため、村を覆い尽くす杉や檜の人工林に目を向けました。それが、戦後50年かけて育った木を、もう一度手を入れ、50年先の未来へと繋ぐプロジェクト〈西粟倉村・百年の森林構想〉です。

その〈西粟倉村・百年の森林構想〉に深く共感し、移住を決めたという、〈木工房ようび〉の大島正幸さん。もともと岐阜で家具職人として働いていましたが、たまたま訪れた西粟倉で、手入れが行き届いていない”さみしい森”と、手入れがされた”よい森”のふたつを見て、自分は森のことを何も知らずに、ただ素材としての木を使って家具作りをしていたことに気が付かされます。

そこで、家具職人としての自分ができることは、丁寧に”よい森”を育ててきた先人たちの思いを受け継ぎ、その木を使って家具を作ることだと思い立った大島さん。すぐに単身で移り住み、翌年には当時付き合っていた彼女もやって来て、結婚。夫婦で〈木工房ようび〉を立ち上げました

11692786_786054144844185_4990993421932640814_n

木の持つ一つひとつの特徴とじっくり向き合ながら、手作りの家具を仕上げるこだわりは、デザインだけではなく、使った後に再びに戻ることができるよう、極力天然素材を使用しているそう。その丁寧なもの作りは、日本だけではなく、家具作りの本場ヨーロッパからも注目を集めています。

当日はそんな〈木工房ようび〉さんに、木にまつわる色々なお話を伺いながら、自分で木を選んで、カッティングボードをつくります。

11217986_786053638177569_8478533475937144495_o 11016819_786053631510903_7829890886981455364_o

そして、最後に手作りのカッティングボードを持って、古里の川べりでCOFFEE PICNICをたのしみましょう!

coffeepicnic

写真は前回のCOFFEE PICNICの様子

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

《古里(こり)と木の家について》

木の家会場となる〈木の家〉がある奥多摩・古里は、鎌倉時代より甲州裏街道(今は青梅街道)の通過地点として、旅人の宿泊や、荷物運搬の人馬を中継ぎする宿駅でした。そして、西粟倉を同様、人工林に囲まれた森林に溢れ、産業の大部分を林業が担ってきた歴史を持っています。

制作場となる〈木の家〉は、木工房ようびさんが夏だけ滞在して制作を行っている場所で、もともと地元で木工アトリエとして稼働していたそうです。

◎お申し込みについて
happyoutdoorwedding@gmail.comまで、
「COFFEE PICNIC参加希望」として、ご連絡ください。そこで、仮受付となります。
その後、peatixにてお支払い頂き、受付完了となります。

お支払いはこちらから☞
http://ptix.co/1G4pT2X(7/31 23:50締め切り)※コンビニ / ATM でのお支払いは、2015/07/30 で締め切られます。お申込後の返金は出来ませんので、予めご了承のうえお申込下さい。

以下のfacebookページからも、参加者受付中です!
https://www.facebook.com/events/1603685873232057/

◎日時 8月1日(土) 12:30〜17:00
◎定員 25人
◎会費 5,000円(素材費、飲食費含む)
◎集合場所 〈木の家〉西多摩郡奥多摩町小丹波255
◎アクセス JR青梅線『古里駅』から徒歩10分(無料駐車場有/6台)
◎持ち物について
当日は、作業しやすい服装でお越しください。
もし汚れが気になる方は、エプロン、軍手(またはパワーグリップ)をご持参ください。

川に行くときは、帽子、虫よけ、タオルが必須です!

(雨天の場合は工房内でコーヒータイムを楽しみましょう!)

【木工房ようび】

岡山県にある小さな西粟倉村にある木工房。無垢の素材と伝統的な木組みの技術を活かしつつ、 現代の暮らしにあったも家具や暮らしの道具をつくる。

【VIVA COFFEE】

コーヒーのあるライフスタイルを提案するVIVA COFFEE。COFFEE PICNICでは、VIVA COFFEEの中川さんが、ピクニックで楽しめるコーヒーのHOW TOに加えて、アウトドアでの焙煎の楽しみ方まで教えてくれます。

 

Recent Articles...

TOP