H.O.W Articles

引き出物に「Message Soap, in time」

新しい出発の時、そっと、想いを伝える引き出物

結婚式でゲストに贈る「引き出物」の始まりは、平安時代まで遡ります。貴族や大臣たちの間で行われていた宴に客人を招いた際に、家主が馬を庭に引き出して、客人へのお土産という形でその馬を贈ったのが由来なのだそう。はるか古来より日本人が続けてきたこの習慣も、時代とともに贈る品も変わり続けています。

アウトドアウエディングには、引き出物カタログは用意されていません。自分らしく自由に想いを伝えられるとしたら、あなたは何を選びますか? 故郷の品を贈るのもよし、開催地域由来のものを贈るもよし、手づくりの品を贈るもよし。

そんななか、H.O.Wが提案する贈り物のひとつが「Message Soap, in time」です。

手紙のように想いを届ける石鹸

lali1

intime03

封蝋印で閉じられた封筒のようなパッケージ。箱を開けると「a massage is inside」という言葉が書かれた薄葉紙に包まれたフェイス&ボディソープが入っています。ネパール・ヒマラヤの大自然の恵みから産まれた泡立ちの良いこの石鹸、使っていると、やがて中から布に印刷されたメッセージが浮かび上がってきます。

lali19

「いつもしっかり伝えられないけど ありがとう、と思っているよ」
「何かあったら、いつでも電話してね。私はいつも、ここにいます」

メッセージが届くまでの時間は、それぞれの人の石けんの使うペース次第。早ければ1ヶ月後に届くかもしれないし、もっと先になるかもしれない。“in time”に流れるのは、そんな時の経過を楽しみ、大切に過ごす毎日。いつ来るかわからない返事を待つ時間すら、つい愛おしく感じてしまうはず。

12

石鹸に包まれた言葉は7種類。なんとさらに、自分で考えたオリジナルメッセージを石けんに込めることも可能(※予約制となります)。ミニサイズのフェイシャルソープとバスソルトを組み合わせて、オリジナルのギフトセットをつくるのもオススメです。

img_1631

ネパール発のオーガニックスキンケアブランド「Lalitpur」

この商品をつくるのは、ネパール発のオーガニック化粧品ブランド「Lalitpur」。ヒマラヤ原産のワイルドハーブや岩塩、ミツロウなどを原料に、製造はすべてネパール人女性たちの手作業によって行われています。

mukouda_a_05

Lalitpur代表の向田麻衣さんがネパールと出会ったのは、15歳の頃。ネパール人女性の識字教育を行うNGOの代表・高津亮平さんの講演を聞いて心を動かされた彼女は、その10年後、女性蔑視や人身売買などによって傷ついた現地の女性たちの小さな声に耳を傾け、お化粧を施すことで女性たちの自尊心を回復する「Coffret Project」をスタート。そして2013年5月、ネパールの身寄りのない女性たちの雇用をつくるために「Lalitpur」を立ち上げ、現在もネパールと日本を行き来し続けています。

nepal-film-16087

「Message Soap, in time」には、“身近な大切なひとりを想う”という贈り物にまつわる物語があります。一つひとつの行為は小さくても、誰かを想うという行為が小さな波紋となり、それが自然とネパールへとつながっていく。そんなゆるやかな光景を描いています。

大切な人に言葉を贈ろう

例えば、ウエディングの準備を自分のことのように手伝ってくれた親友に、疲れを癒してもらうギフトとして渡し、「いつだって力を貸してくれるあなたがいて、幸せです。ありがとう」というメッセージを包んだり。遠くからウエディングに参加してくれた大切な人に、「遠くにいても、大好きです」と包んで贈ったり。

「Message Soap, in time」は、あなたの新しい出発の時に、大切な人へそっと心の声を吹き込むことが出来る贈り物です。石鹸に浮かぶメッセージを見つけた時、きっとあなたの想いが届くはず。

●info●
Lalitpur公式サイト
「Message Soap, in time 」
Lalitpur Wedding Gift

Lalitpur表参道店(11月初旬頃オープン予定)
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-23-6
TEL:03-6721-1616 / MAIL:info@lalitpur.jp

写真提供:すべてLalitpur
文:原山幸恵(H.O.W)

Recent Articles...

TOP