H.O.W Articles

【Report】H.O.Wイベント
『アウトドアウエディングのつくり方』

wedding

「自分たちの手でアウトドアウエディングをつくってみたい」。そう思いながらも、フィールドの見つけ方や許可取りの方法、雨天対策などが分からず、なかなか最初の一歩を踏み出せない方も多いかもしれません。

H.O.Wが毎月開催しているセルフプランニングレクチャー&サポートイベント『アウトドアウエディングのつくり方』は、開催のための方法やアイデアをこれまでの事例をもとに具体的に紹介。そして、参加者がそれぞれ描くウエディングをH.O.Wメンバーが一緒に考えるイベントです。

開催までの流れ。準備期間はだいたい6ヶ月〜1年取るのがオススメ(資料:H.O.W)準備期間はだいたい6ヶ月〜1年取るのがオススメ

 ハレの日の空間づくり・時間づくり

セレモニーは、大きな木やモニュメントを背景に(写真:引田早香)

BGMは演奏が得意なお友達やプロの音楽隊が担当(写真:H.O.W)

例えば『ハレの日の空間づくり・時間づくり』をテーマにした第2回では、フィールドを下見する時に抑えておきたいポイントやゲストが快適に過ごすための会場レイアウトの工夫、アウトドアで特に気になる雨天対策についてお話ししました。

また、ゲストにリラックスして過ごしてもらうために音楽隊に演奏をお願いしたり、キャンプファイヤーを囲んで語り合ったりするなど、幸せな時間をつくるためのアイデアも紹介。その後は、セルフプランニングシートを使ってプランニングタイム。新郎新婦が描く形をH.O.Wメンバーが一緒に考えました。

planningsheet開催テーマごとにイメージやコンテンツを整理してプランニングを進められるセルフプランングシート

もっと自由に、自分たちらしいハレの日をつくろう

15540620_1394858873931401_5500172167444881911_oプランニングやデザイン、ディレクション担当のメンバーが席を回りながらアドバイス(写真:H.O.W)

会が終わった後、「ここに来る前はウエディングをやろうか悩んでいたけど、前向きにやってみることにします!」「良いヒントがもらえました!」など、参加者それぞれがアウトドアウエディングのイメージを掴んだ様子。

今後も、会場の装飾やハレの日料理、キャンプ場でのウエディングなど、さまざまなテーマで開催する予定です。単発で参加するのもよし。何度も参加してご自身のプランをブラッシュアップするのもよし。もちろん、地域でアウトドアウエディングを展開したいプランナーさんやお持ちのフィールドをアウトドアウエディング受け入れ地にしたいというオーナーさんも大歓迎です!

【info】
今後開催予定のイベントはこちら
●2/24(金)『ローカルウエディングの立ち上げ方 for supporters』@原宿
●2/26(日)『アウトドアウエディングのつくり方vol.3』@三軒茶屋
●3/25(土)『アウトドアウエディングのつくり方 party.ver』@永田町
*お申し込み方法は各ページよりご確認ください。

 

Recent Articles...

TOP